ベストセミナー
セミナートップ > 個人向けセミナー > 共感プレゼンテーション徹底講座



●人前でうまく話せるようになりたい
自分の話をよく理解してもらえるようになりたい
人を動かすようなプレゼンをしたい
人前で話すのが苦手。大勢の前にでると緊張してしまうのを克服したい
もっと人を楽しませられるようなプレゼンができたら。。。

あなたも、そんな風に感じることはありませんか?

『人を動かす共感プレゼンテーション徹底講座』では、
従来のプレゼンの基礎技術に加え、
頭と心を揺さぶる構成の作り方、
自分の魅力を活かした話し方、
さらに自分をひらき、相手に想いを伝えるための手法まで、

本質的な考え方を網羅的に、体系的に、実践を通して学ぶことができます。

世の中には、プレゼンテーションスキルを学ぶために、「ロジカルシンキング」「交渉力」等々、
こうすれば、営業に有利!相手を説得することができる!部下を動かせるようになる!
というタイプの研修やセミナーがたくさん存在します。

しかしながら、それらのセミナーを受けて、どんなに表面的な話し方がうまくなっても、
実際には相手が動いてくれない、そんな事態が起きています。

なぜなら、相手を動かすプレゼンテーションにほんとうに必要なのは、
「共感力」だからです。

「共感プレゼンテーション徹底講座」では、プレゼンの基礎力や論理的な構成の作り方に
加えて、この「共感力」を鍛えることができる講座内容になっています。
営業にしても、研究発表にしても、わかりやすく、相手に届くプレゼンテーションの力を
身につけるだけで、より大きな成果を手に入れることができます。

また、もうひとつの大きな特徴として、「座学ではなく体感型」であることも
たくさんの受講者のみなさまにご好評をいただいているポイントです。

実際に、当セミナーを通して、自分の強み・弱みを参加者同士がお互いに率直に伝え合い、
客観的に自身のプレゼンテーションを振り返ることによって、自分も仲間もレベルが
上がっていくのを実感することが可能です。

そして、結果として、ありのままの自分でありながら、
人を巻き込み感動させる「共感力」をそなえた人へと成長することができるのです。

人間力そのものの向上にもつながる『共感プレゼンテーション徹底講座』は、
「共感力」に一番の価値をおき、「人を動かすプレゼンテーションの本質」を
学びたい方に向けた研修です。

このセミナーの効果のほどは、たくさんのお客様の声や、日経新聞、朝日新聞、日経MJ、
Hanako、B-ing巻頭インタビューや各種ウェブメディアでのメディア掲載の実績
から少しでもお感じいただければ幸いです。

定員は、圧倒的な効果を期するため、【10名限定】とさせていただきますので、
お申込はお早めに!

→ まずは「人を巻き込む共感プレゼンのコツ」の【無料レポート】を 読んでみたい!
   という方は、こちらからメールアドレスをご入力くださいませ。
   折り返し、レポートダウンロードに関するメールをお送りさせていただきます!

メールアドレス: 

 
↑相手の中に共感を生み出します!   ↑少人数でのプレゼンスキルも磨きます!

※本講座受講された方全員に、参加特典としてDVDを贈呈しております。
 (2014年4月1日以降の申込者に適応)

・効果的なプレゼンのスキルを身につけたい方
・「話していることがよくわからない」といわれる方
・人前で話すと、アガってしまい、途中で自分が何を言っているのか分からなくなる方
・相手の心を全く掴めていない事実に直面している方
・営業職、技術職など、職場でプレゼン能力が求められている方

自己紹介、日常会話、ちょっとした発表。
何も仕事でプレゼンテーションをすることのみが人前で話すことではありません。
プレゼンのコツをお伝えするのみでなく、自分らしさに磨きをかけ印象に残る方法を身につけて、
自信を持って人前で話せる自分になりましょう。

当セミナーでは、いまさら聞けないプレゼン入門から、アガリ対処法、
自分ブランドとマイスタイルの発見、ロジックとパッションについてなど、
2日間を通して、プレゼン・話し方に関する本質的な考え方を学び、
また繰り返し実践的なテクニックのトレーニングを行います。

さらに、お話いただく姿をその場でDVD撮影し、ご確認いただけますので
客観的に自分の課題を見つめるきっかけとなるとご好評いただいております 。

最終回を迎える頃には、自信をもって人前で話すことができるあなたになっていることでしょう!

プログラム1日目

10:00

イントロダクション

10:20

【今さら聞けないプレゼン入門】
初めての集まりでの自己紹介、打ち合わせでの発表、ちょっとした
プレゼンテーションなど、人前で話す機会は意外と多いものです。
プレゼンテーションとはなにか?よいプレゼンの条件とは?
にはじまり、アイコンタクトや姿勢、声の使い方などプレゼンの基礎力
を徹底的に向上させるための内容です。また、いわゆる「アガリ」への
対処法も学びますので、これだけで第一印象は格段にUPします!

・【演習】自己紹介 <自分の第一印象をチェック!>
・プレゼンテーション概論
・よいプレゼンの条件とは?
・【演習】プレゼンの基礎力強化(アイコンタクト、姿勢、ジェスチャー、声)
・アガリへの対処法 <人前であがらないための5つの方法>
・これだけはやらないで!プレゼンNG集

13:00

昼休み

14:00

 

 

【自分ブランドとマイスタイルの発見】
話し方のうまい人が、すべて同じ話し方をしているわけでは
ありません。ゆっくりと重厚に話す人もいれば、テンポよくユーモア
たっぷりの話し方が魅力の人もいます。

プレゼンがうまい人の共通項は、どんなに短いプレゼンであっても
「自分らしさ」が「自分のスタイル」を通してしっかり伝わるということなの
です。 あなたらしい話し方のスタイル・形を発見し、徹底的に磨きます。

・「自分らしさ」とは? <理想の自分とありのままの自分>
・「話し方のスタイル分類」で自分にあった話し方を見つける
・【演習】話し方のSWOT分析 <成功パターンと失敗パターン>★
・【演習】朗読で自分を表現★
・自分スタイルの発見 <理想の自分に近づくための考え方>★
・「自分自身のありかた」と共感 <共感を生み出すエッセンス>
・【演習】自分らしいプレゼンテーションの実践

17:00

振り返りとまとめ

17:30

終了


プログラム2日目

10:00

1日目の復習と共有

10:20

【ロジックとパッションで人を動かす話し方】
「話していることがよくわからない」「あの人の話はどうも心に響かない」
話し方の問題はいろいろありますが、集約するとこのふたつに
落ちてきます。すなわち、前者はロジカルな考え方が足りておらず、
後者は情熱的な想いが足りないのです。

ロジックで頭に訴え、そして同時にパッションで共感を生む話し方を
身につけましょう。 人気講師には必ず備わっているスキルです。

・ロジカルなプレゼンテーションとは?
・構成のパターン <サンドイッチ法でどんなプレゼンも攻略>
・ロジカルを演出する魔法のツール <ロジカルに聞こえるポイント>
・【演習】ロジカルプレゼンテーション
・情熱とは? <メッセージの絞り込み方>
・パッションを演出する魔法のツール <盛り上がるプレゼンのコツ>
・【演習】パッションプレゼンテーション

13:00

昼休み

14:00

【共感プレゼンテーションの本質と実践】
「人を動かすプレゼンテーション」とはなんでしょうか?それは、
「人の心に共感を生む」ことだと言っても過言ではありません。

最終回では、参加者を盛り上げるコツやたとえ話の作り方、
聞き手を巻き込むファシリテーションのポイント、そして質問を
味方にする対応法などを学び、締めくくります。

・【演習】どういうときに相手に伝わるのか?
・相手が誰か?聴衆分析 <相手によってアプローチを変える方法>★
・共感を巻き起こす <心が動く瞬間を捉える>
・【演習】たとえ話のコツ 一理三例★
・質問話法と聴衆参加 <聴衆を双方向で巻き込むためのポイント>
・質疑応答を味方にする <質問タイムに信頼を築く>★
・【演習】最終プレゼンテーション

17:00

振り返りとまとめ

17:30

終了

【一日コースについて】
 一日コースは「仕事の都合でどうしても2日間は難しい!」という方のために、
通常2日間コースの内容を一部絞り、さらに6名という少人数の中で凝縮して
お届けしているコースです。詳細プログラムにつきましては、
上記プログラム内容の★印がついている箇所は一日コースでは実施いたしません。
受講を迷われている方は、以下を参考に、セミナー参加の目的について考えていただくのもひとつです!

1日版 : 「いまの自分の課題がみつかる」までが目的のセミナーです。
2日版 : 「自分の課題をみつけ、その課題に取り組む」までが目的のセミナーです。


【オープンセミナー参加者の声】 ※法人導入事例は後述

私は現在本社の総務を担当しています。
本社ビルへ移転される方の説明会、震災初動対応の説明会等
多くの従業員の方に対してプレゼンする機会が多い仕事です。

営業を長く続けていたこともあり、人前で話すことについての
「苦手感」はなかったのですが、私が所属している部の部長から
「君のプレゼンは高圧的すぎて、あれじゃ質問も出来ないぞ。」との
指摘があり、私自身も思うところがあり、色々探してこの講座を見つけました。
講座内容は皆様も書かれていますが、まさに「目から鱗が落ちる」ものでした。
その人の持てる魅力・気持ちを、いかに聞き手に伝え共感してもらうかが
大切だ、ということが、よくわかりました。プレゼンは十人十色、その人の
個性や想いが出せれば聞き手に繋がることを「実感」として学ぶことが
できました。勿論、様々なテクニックもその中で教わりましたが
決して技術のみでなく、「共感」の中でテクニックを自然に使うことが
大切だと深く理解できました。

少人数の講習のなか、数多くのプレゼン実習を経て、参加者それぞれが
どんどん変わっていくのを目の当たりにして驚きました。

表現方法はそれぞれ異なっていても伝える力がどんどん変わっていきました。
恐らく自分自身も変わっていったのだと思います。

研修でこのような「心の変化」「本質の変化」を実感できたのは
初めてであり、本当に有意義な研修でした。またこの研修の中で、自分自身の仕事のやりかたを見直すいい機会にもなりました。結局「何のために」伝えるのかという気持ちが抜けていたという大きな「気付き」がありました。

研修終了後、翌週に本社従業員全員を対象にした「震災初動対応説明会」が
ありましたが、セミナーでいただいたプレゼン準備シートで要点を
整理して臨んだところ、参加者全員の共感も感じられ、今回のきっかけと
なった部長から「良かったぞ。変わったな。」と言われ、大変うれしかったです。

この研修はプレゼンテーションだけでなく、会議・ミーティング等、人に何かを
「伝える」あらゆる場で応用できる内容だと思います。
自分を変える素晴らしい「触媒」となっていただいた浅田先生、一緒に
学んだやる気に溢れる受講生の皆さんに心から感謝します。
引き続き実践を続けていきます。どうもありがとうございました。
(服部賢治(50歳)食品メーカー/人事総務部勤務)


このセミナーで学んだことは、全てが目から鱗が落ちる思いでした。
その中でも特に印象に残ったのは、今まで私はうまくプレゼンをすることばかりを考えていたのですが、そうではなく「如何に自分の思いを聞いてくれている人に伝えるかに集中すること」を学んだことです。
おかげさまで以前はいやでしょうがなかったプレゼンが、
現在では楽しく思えるようになりました。
また講師の浅田梢さんの説明の仕方が、このセミナーのエッセンスを全て
含んだもので、非常に参考になりいつも思い出し
お手本にするようにしています。
その後ガイアモーレさんのその他のセミナーにも参加させていただき、
今では大ファンになってしまいました。
(北川雅久さん(51歳)/外資系製薬会社・人事部勤務)


プレゼンについて学ぶのは初めてでしたので、何から何まで面白く、
とてもためになりました。
特に、質問で聴衆に考えさせ集中させること、
まとめに使えるマジックワード、1対1で話すこと、など、
すぐに実践していけるツールをたくさん教えていただけたことです。
そして、それを使って練習していく場がたくさんあったことによって、
さらに自分の体験を通して知識を学ぶことができ、理解度が高まりました。
(月乃さくらさん 心理カウンセラー/セラピスト)

十人十色とはよく言ったもので、十人それぞれの話し方が見られた事が
よかったです。これだけ様々な話し方を、真剣に、かつ分析しながら
見るという事はないと思います。面白い発見がたくさんありました!

また、プレゼンスキルってなんだかんだ実践していってナンボなんでしょ?
って正直思っていましたが、講義では今すぐ実行できるエッセンスや
テンプレートを分かりやすく教えていただきました。

だから明日からでも使っていこう!と前向きな気持ちになれました!
由良 茜さん・薬剤師)


わかってらっしゃるとは思いますが、プレゼン講座は大満足です。
というか、大大大大大大大大・・・・・・・・・・・・大満足です!!!
内容もさることながら、須子さんをしたって集まってくるメンバーの
向上心の強さに刺激され、あの集団に居るだけで自分が高まっていくような
感覚を味わいました。
あの空気が本当に大好きです!
(真田賢司さん・コンサルタント)


●私はフリーランスのデザイナーで、昨年からお客様の前で
 プレゼンテーションしなくてはならなくなり、その際、私のプレゼンを見て、
 クライアントからプレゼンをもっと練習した方がいいといわれており、
 御社のセミナーに参加させていただきました。
 セミナーではプレゼンのテクニックとともに、仕事へのモチベーションがかなりアップしました。
 しんどくなったときは、セミナーをふりかえって、モチベーションアップを図ります。

 先月同じお客様の前でプレゼンを機会があり、さっそく練習して臨んだところ
 拍手をいただくことができました。びっくりです。
 本当にセミナーを受けてよかった!と心の底から思いました。
 当日、クライアントの専務が部下を「プレゼンがなっていない!」と叱った後だったので、
 逆に私のプレゼンが「やればできる!」という、いい見本になったようでした。

 その後、ギャラの提示があり、そのときのプレゼンがよかったので、
 少額ではありますが企画料としてプラスしていただきました。
 私にとっては苦手な事でしたが、それをほめていただいて、
 お金までいただくなんて夢のようです。神様のボーナスのような気がしました。
 ほんとうにすばらしいセミナーをありがとうございました。
 (F..Sさん 30代女性 フリーランス グラフィックデザイナー)


● 今回の講座は本当に受けてよかったと思っています。
 過去に受けたプレゼン研修とは比較になりません。
 (I..Yさん 40代男性 大手教育関連企業勤務)

●最近、自分でもセミナーを開催することが増えてきたので、
 この「共感プレゼンテーション徹底講座」に参加してみました。
 大企業にいた時代にはプレゼン研修なども受けてましたので、そういったロジカルな
 プレゼンの組み立て方とか、よくあるプレゼン講座の一種かなという期待で臨んだのですが、
 まったく予想外の内容でした。

 実際には、自分自身の思いや価値観をどう表現するかを2日間かけて体得します。
 もう、あの手この手を使って、自分自身を引き出していくわけです。
 2日間の中で全員が何度も前に出てプレゼン練習をするのですが、
 本当の自分自身が出せたときは、ロジカルとかそんなこと関係なく、
 全員が聞き入るすばらしいプレゼンになります。それが体感できた人から一抜けたという感じで、
 それ以降ずっと良いプレゼンするんですよね。不思議です。

 この感覚さえつかんでいれば、営業の商品説明でも、社内での勉強会でも、 
 どんなプレゼンでも魅力的な自分を表現できるし、相手を動かすことが出来ると思います

 これは一生モノだなぁ。じゃんじゃん使っちゃいますよ。
 ありがとうございました。 
 (読者4万人のメルマガ 「ビジネスブレーンストーミング」 発行者ターレス今井氏)

●さて、私は共感プレゼンテーション講座を受けさせていただきましたが、
 その結果、とてもよいことがあったので報告したいと思います。
 つい先日、社内の人間にプレゼンを見てもらったのですが、
 非常に自分自身楽しく、また自信を持ってプレゼンをやりきることが出来ました。
  (自ずと周囲の評価もよかったです)

 今までの私からは180度違う前向きなマインドをもってプレゼンを練習し、
 その場に望めたことは、このプレゼン講座を受けたからです。

 あれ以来、プレゼンの練習するのにも、「どうやったら目の前の人たちに伝えられるのか?」
 という相手矢印のマインドをヒシヒシと自分の中で感じながら練習してきた成果だと思います。
 そのほか、たくさんありすぎて言い切れませんが習ったことを大切にしてがんばっています。

 本気で自分の殻を破って、思い切り突き進みたい切に願う今日この頃、
 良いきっかけになるような気がしています。(J.Sさん 30代女性)


●「共感力」と「ロジカル」が車の両輪だヨ!って少人数教室でじっくり教えてもらいました。
 しかも繰り返しの演習で身につけさせてくれるのです。私は過去に別の会社で、
 「ロジカル」とか「パワポ」の技を教えてくれるプレゼンセミナーを、受講した事が有ります。
 当時の私には非常に有効だったのですが、それでも、人にモノを伝えるときに、
 もどかしさを感じてました。欠けていた力は、実は「共感力」だったんですね。

 このセミナーで分かりました。そして体得できました。
 しかも、「テクニック」と、「想い」の両方を、机上の精神論ではなく、
 演習で体感させてくれました。想いの伝え方なんていう抽象的な存在を「体感」させてくれる
  なんて、さすが名コーチです。セミナーを終えた後はなんだか幸せな気分になりました。
 特に「想いのプレゼン」実習を終えた後は良かったです。どうもありがとうございました。
 (H.Mさん 30代男性 エンジニア)

●実際に何度もみんなの前でプレゼンをし、お互いに成長を感じていけたこと
  良かったと思います。皆のプレゼンがちょっとでもうまくなったなぁというのが
  見て取れると嬉しくなるし、自分も頑張ろうと思いました。 (N.Sさん 20代女性 営業)

● あれから、笑顔が増えました。
 そして、高いモチベーションを保って、過ごすことができています。
 このような機会を作って頂いたこと、本当に感謝しています。

●プレゼンはテクニックも大事だが、それ以上に「思い」が大事だということは、
 このセミナーではじめて気づいたことです。うまく話そうとして、相手のことを考えてなかった
 自分に気づきました。だから、うまくいかなかったんだって、分かったんです。
 これって、プレゼンだけでなくて、コミュニケーションは全部そうですよね。
 これからなんにでも応用できるような気がしています。もう、会社の後輩に聞かせたい(笑)。
 (M.Mさん 30代男性 大手メーカー会社員)

●参加者と最初からオープンに話し合えたのが、よかったです。
 お互いが競争者、というようなセミナーや参加者と講師だけがつながっているセミナーでは
 オープンになりにくいものです。早めにオープンになるようなカリキュラムの組み方が絶妙ですね。

●何を学ぶかはもちろんのこと「誰に」学ぶかも重要だと思っていました。
 須子さんから学びたい、その気持ちに応えてくださった内容でした。
 身近に深く関わっていただけたのは貴重は経験でした。
 (A.I.さん 30代女性 ゴルフコーチ)


↑2日間が終了すると、受講生同士こんなに仲良くなります!
 どんなに引っ込み思案な方も安心してご参加ください

【法人への導入事例】
独立行政法人 雇用・能力開発機構

神奈川センター
寺井正徳様

Q.対象の受講者は?
A.当センターでサポートしている起業家や、起業をめざす人、会社員でもスキルアップを
  はかりたい人などが対象です。

Q.告知後の反応はいかがでしたか?
A.今回は、すごかったですね!!
  2日間ぐらいで埋まったとおもいます。
  すぐにいっぱいになって、キャンセル待ち。断った人だけで30〜40人はいたと思います。

  みなさん、プレゼンテーションに興味があるようで、話すことに苦手意識を持っていらっしゃる方
  も少なくないようでした。また、とりわけ営業の場面でのプレゼンテーションに関心が高い
  こともわかりました。

Q.導入の決め手はなんでしたか?
A.まず、当機構の「アントレプナーDo It」という番組に出演されていた須子さんを拝見したのが
  ガイアモーレさんを知ったきっかけです。その後、今年3月の当センターでのお話しを
  お聞きし、須子さんが実施されているセミナーを一度実施してみたいと思いました。
  特に3月のセミナーでは意志の強さや何かひきこまれるような魅力を感じました。
  さらに、今年3月まで当センターに在籍していた職員からも、このセミナーおもしろいと
  よく話しを聞かされたり、著書を拝読したりもしていたんです。

  同時に、センターではプレゼンやコミュニケーションに関するセミナーの実施要望が非常に
  多かったのですが、わたしとしてはありきたりのセミナーは実施したくありませんでした。
  そんなときに、ガイアモーレさんや須子さんのことを思い出し、ぜひ実施したいと思ったのです。

  「この人にお願いしたい」という直感と、セミナーの企画が合致し、今回の依頼につながりました。

Q.受講中の様子はどうでしたか?
A.こんなに、「みなさん変わったな!」と思えたセミナーは初めてです。
  最初はうつむいて、伏目がち、話すのが恥ずかしい・・・という参加者が、自分から一生懸命
  話すようになり、アイコンタクトをとりながら話すとこんなに変わるのか!と。

  先生の導き方にも感激しました。
  プレゼンということなので、最初は参加者も身構えている部分があったと思います。
  それを、ひとつひとつセミナーのなかでとりのぞいていき、いつの間にかみんなが楽しそうに
  話している。ほんとうにこの場で話すのが楽しい!という感じ。
  やってよかったなと、自分の直感はまちがいなかった、と思いました。

  とりわけよかったのは研修のスタイル。参加者の話す時間を長くとっていただけました。
  やはり聞いているばっかりや、テクニックを教えられるばかりでは身につかない。
  学んだことをすぐ実践でき、人に聞いてもらうことができるという場がなかなかないので、
  今回のように考えて、話して、フィードバックをもらうということは貴重な経験になったはずです。
  参加者が話すことに慣れてきているのが目に見えるようでした。

  起業するとき、サービスや商品をお客様に伝えるということが一番の根幹のひとつ。
  こうやって、筋道たてて学んで、自信をつけて次の仕事につなげてほしいと思います。

Q.講師の魅力は?
A.一番は、やっぱりパワー。それでまず先生にひきつけられますね。
  聞いている人を引き込む魅力があると思います。一番は始めからつかんで離さない。
  しかも、パワーある講師の中には、話を聞くと元気を吸い取られるような感じがする人が
  いらっしゃいますが、須子さんは元気をくれるタイプ。
  セミナーの休憩にはいるたびに拍手!ってなかなかないです。
  感動を呼んでいるんだなと感じました。

  いつもは座学形式が多いので、みなさんにやっていただくワークショップ形式は珍しいの
  ですが、反応が全然違いますね。いつもは反応が見えづらく、質問も限られたひとからしか
  でないことが多いのですが、今日はいろいろと話しをされて、質問もいっぱいでるし、
  みなさんの表情も見えやすかったです。

Q.最後に一言お願いします!
A.今回は、年齢層も、性格的にもいろいろな方が参加していましたが、
  先生がその場その場でされている対応自体が目からウロコでした。
  とにかく、この柔軟で活き活きした対応が素晴らしかったです。

 

【日時】

●第224期 2016年7月休日コース開講!  受付開始! 
1日目 2016年7月9日(土) 10:00〜17:30
2日目 2016年7月10日(日) 10:00〜17:30

●第225期 2016年7月一日コース開講!   開催中止★
2016年7月13日(水) 10:00〜18:00

●第226期 2016年8月休日コース開講!  受付開始!
1日目 2016年8月13日(土) 10:00〜17:30
2日目 2016年8月14日(日) 10:00〜17:30

●第227期 2016年8月一日コース開講!  受付開始!
2016年8月17日(水) 10:00〜18:00

●第228期 2016年9月休日コース開講!  受付開始! 
1日目 2016年9月10日(土) 10:00〜17:30
2日目 2016年9月11日(日) 10:00〜17:30

●第229期 2016年9月一日コース開講!  受付開始!
2016年9月14日(水) 10:00〜18:00

※日程は予告なく変更する場合がございますので
あらかじめご了承ください。

●上記以降の日程、東京以外での開催は、随時優先案内受付中!
※日程がオープン次第ご連絡いたします

【定員】 
≪二日版≫10名限定!
※最小催行人数は3名です

≪一日版≫6名限定!
※最小催行人数は3名です


【オブザーブ制度について】
法人研修をご検討のご担当者様向けに、オブザーブ席をご用意しております。
お申し込みは下のバナーからお申し込みくださいませ。
※オブザーブ席は、研修をご検討されているご担当者様のみとさせていただきます。

【場所】 
●東京会場
ガイアモーレ株式会社オフィス 飯田橋セミナールーム 
東京都千代田区富士見2-6-9 雄山閣ビル4階-A →地図
※最寄り駅:JR総武線、有楽町線、東西線、南北線、大江戸線 「飯田橋」駅 徒歩2分

【料金】 税別価格となっております。

セミナー
個人
法人
学割
共感プレゼンテーション徹底講座
48,000円
65,000円
24,000円
共感プレゼンテーション徹底講座【1日コース】
35,000円
35,000円
  適用無
再受講
18,000円
18,000円
  適用無

※上記受講者におかれましては、共感プレゼンテーションDVD付きとなっております。
※事前振込になります。振込手数料はご負担くださいませ
※自腹で参加される個人の方を応援したい!という気持ちから、
  割引価格で提供させていただいております(領収書は発行しておりません)。
※法人の場合には、請求書を発行させていただきます

【申込】
セミナーのお申込みや、今後のご案内予約(※)は、こちらをクリック

※日程がオープンになり次第、優先的にご案内させていただきます。
  すぐに満席になる可能性が高くなっておりますので、あらかじめ
  上記フォームより案内予約をされることをおすすめいたします。
※法人研修のお問い合わせは、こちらのお問い合わせフォームから お願いいたします。

「共感プレゼンテーション徹底講座」は、ガイアモーレ株式会社によって運営されております。
お問い合わせは、以下までよろしくお願いいたします。

ガイアモーレ株式会社
メールの場合: info@gaiamore.co.jp
お電話の場合: 03-3556-2667

日経新聞、日経MJ、hanako、B-ing巻頭インタビューや各種ウェブメディア
で数多く掲載していただいております。メディア掲載履歴はこちらからご覧ください。