ヤル気を引き出す講師力養成講座
ベストセミナー
法人向け研修
法人向け研修一覧
コミュニケーション集中治療室往診
コーチング研修
人の心を動かすプレゼンテーション研修
ヤル気を引き出す講師力養成講座
女性管理職研修
女性社員キラキラ研修
会議運営ファシリテーション研修
管理職研修
若手社員フォローアップ研修
OJT研修
新入社員研修
講演の依頼
資料請求・お問い合わせ

話を聞きたいから、会いに来て!情報交換から研修相談まで、ご希望の日時でお伺いします。

 

 
セミナートップ > 法人向け研修 > 女性社員キラキラ研修

研修の概要

現代の企業にとって、斬新なアイディアや新しい視点を打ち出してくれる女性社員は
大変貴重な人材として存在しているのではないでしょうか?
本研修では、女性たちが、イキイキ、そしてのびのびと働ける環境を
自ら作り出し、

公私共に充実して、初めて満足する女性のための研修を提供しています。

世の中にはたくさんの研修であふれていますが、
なぜか「女性社員向け研修」となると、ぐっと数が減って、
見つけ出すのも一苦労、といった状況です。

たとえば、アルバイトやパートタイムで1日のある部分の時間帯で働く女性たちのために、
より楽しく、そして意欲的に仕事に携われるようなフォロー研修を実施したい、
という考えをもった企業は、今の日本でどのくらい存在するのでしょうか?

女性の社会進出が当たり前になった今、女性の力をどれだけ引き出し、生かせるかが
その企業の今後の行方を決めるといっても過言ではありません。
また、女性社員に支持される企業は、社会的にも高い評価を受けることでしょう。

しかし、現場では女性を部下に持つ上司が、どうやって女性を扱っていいのかわからなかったり、
女性が多い職場環境でのコミュニケーションがぎこちない、
女性同士でも、世代ごとに感じる違和感が生まれて対処法に困っている、など
本当に女性社員がキラキラ輝いている職場環境を獲得することは難しいかもしれません。

そこで、女性のことなら、女性に聞くのが一番!



ベストセミナーでは、個人向けセミナーで女性限定セミナーを開催しており、
3日で満席になるその女性の心をつかむコンテンツ力を生かして、
女性社員向け研修を全国の企業に向けて提供しています。

ワークライフバランス研修 for womenでは、仕事とプライベートの両方の視点から構成されており、
なにより女性たちの悩みとして最もあげられる題材を取り上げることで、
より多くの女性社員の気持ちに寄り添った研修内容をお届けしています。

たとえば、働く女性に役立つ内容として、
●コミュニケーション
●ビジネスマナー
●ロジカルシンキング
●目標設定と達成プロセス

などについて取り扱っています。これは客観的にみて、一般的に女性に必要とされる
ビジネススキルに加えて、すでに手にしている強みを強化する研修内容となっています。

また、女性は仕事とプライベートの双方が、思い描いたように進むことで、
初めて「充実感」を感じられるものです。だからこそ、
ワークライフバランス
お金に関する知識
メイク、身だしなみ
自分だけの幸せのかたち

といった、人生を自分自身の力で豊かなものに創り上げるための
コンテンツを、ビジネススキルと組み合わせることで女性社員の満足度を
さらに上げることに成功しています 。

企業で働く女性社員たちが、イキイキ&キラキラした表情で元気に働く姿を、
日本中で見れるようなサポートができる、それが「ワークライフバランス研修 for women」です。


●女性社員のモチベーションアップ
●女性社員のビジネススキルアップ
●女性社員が「会社に大切にされている!」という実感を持てるようになる
●女性社員が今の仕事に対してより熱意と情熱をもって関われるようになる
 
↑キラキラし始めています!

●管理職、もしくは管理職候補の女性社員
●一般・事務系の女性社員
●秘書や営業サポートなど、誰かを補佐する立場の女性社員
●アルバイト・パートタイムで働いている女性
●幅広い年齢層の女性社員同士が一緒に働く環境にいる女性社員
●仕事もプライベートも、イキイキ、キラキラさせたい女性社員

プログラム内容の例(1日目)

10:00

イントロダクション

10:10

信頼と共感のコミュニケーションスキル

・Iメッセージ、Youメッセージの使い方ワーク
・オウム返し、ペーシング、メラビアンの法則ワーク
・魔法のフレーズで会話上手になるワーク

11:00

 

 

人のほめ方、しかり方

・職場で、プライベートで、家庭内で、育児で

→ほめ方ひとつで、相手は慕ってくる!ワーク

→仕事でのミスの指摘が、人間関係まで溝を深めてしまった!ワーク

12:00〜

昼休み

14:00

本当は言いたい!

・苦手な人とのコミュニケーション

→私は大丈夫?自己中心的にならない伝え方ワーク

→頼まれごとの上手な断り方ワーク

15:00

女性同士の世代を越える

・女同士だから、理解できること

→いまどきの若い人とはワーク

→あなただから表現できることワーク

→ベテラン社員・年配者を味方にするワーク

17:00

学びと振り返り

・学んだことを現場で活かすために

学習の段階について
コミュニケーションは鍛えれば使える「マッスル」

17:30

終了

 

プログラム内容の例(2日目)

10:00

前日の復習と共有

10:30

 

感情マネジメントとロジカルシンキング

・自分の感情と上手に付き合う方法ワーク

・ロジカル×パッションを身につけるワーク

・もう、「結局なにが言いたいの?」なんて言わせない!ワーク

12:00〜

昼休み

13:00

自分だけの幸せのカタチ

・私の魅力を引き出して、仕事に生かす

→わたしの譲れないことワーク

自分が幸せを感じるときワーク

15:00

目標設定と達成プロセス<仕事&プライベート編>

・私の魅力を引き出して、仕事&プライベートに活かす

→わたしの目標、仕事の目標ワーク

→PDCAのサイクルを手に入れる! ワーク

視点を変える挑戦小グループワーク

17:00

学びと振り返り

2日間の総まとめ

・学習の段階について
 鍛えれば使える「マッスル」

17:30

終了

日本アイ・ビー・エム株式会社
新潟IBMユーザー研究会事務局
安達 泉様

Q.女性限定研修を企画したきっかけを教えてください。

A.以前より女性研修を開催したいと思っていましたが、
 思うように集客できないためずっと開催を見送っていました。

 特に、地方で働く女性にとっては、男性上司の理解と協力によって
 職場環境のよしあしが左右されるように思います。
 上司の承諾なしには、研修に参加できませんので、
 女性が魅力的に感じる研修内容と、男性が役立つと判断できる要素を
 合致するには、どんな内容のセミナーを開催したらよいのか、
 頭を悩ませていました。

 仕事とプライベート、社内対人関係、後輩を育成する、
 どれをとってみても女性は決め細やかな配慮を必要とし、
 それでつまずいたり落ち込んだりしてしまいます。

 女性ならではの悩みを解決する研修にしたいという思いから
 企画メンバーや講師などすべて「女性限定」にこだわって企画しました。

Q.導入前の状況について教えてください。

A.もともと、女性向け研修の集客力が弱い地域でした。
  男性上司や同僚の女性に理解を得られないと、
  自分からどうしても参加したいと言い出しにくい環境なのです。
  そのまえに上司の判断で研修案内も求める人まで
  伝わらないこともしばしばでした。

  もどかしさを感じている多くの女性に参加を促すために、
 男性が『この内容なら参加させてみよう』と思えるような、
  仕事の成果に直接結びつくような研修内容であることが
  重要だと感じていました。

  そもそも、女性が携わっている仕事は、事務職・営業職・技術職・・・と、
  とても幅が広いので、職種を問わず仕事に役立つものとは、
  どんな内容だろう、と考えていった結果、
  『コミュニケーションって大切だよね!』という結論になり、
  コミュニケーションスキルを磨く研修を開催することになりました。

Q. 導入の決め手はなんでしたか?

A.御社のHPにめぐり合い、コミュニケーション集中治療室のことを知りました。
  『懇親会出席率90%』ってどんな研修だろう?と興味を持ち、
  企画書の作成をお願いした次第です。

  女の勘もあってか、これなら間違いなく満足ゆく研修が出来る!と
  確信しました。女性の講師による研修でしたので、迷いなく御社にお願いしました。

Q.実際の研修はどんな様子でしたか?

A.出席者のほとんどが初対面の方たちばかりで、その上、
  座学ではない体験型だったので、普段ある机がそこにはなくて
  すこし驚かれたようです。

  最初は緊張気味な雰囲気でしたが、あっというまに
  おしゃべりがとまらないほど打ち解けていきました。
  また、同じ女性の立場ということで、自分の気持ちを正直に話すことができたり、
  仕事上の悩みを共有しやすかったように思います。

  実践の際に、話す順番を「初恋の早い人順!」「お風呂の長い人順!」など
  つい笑みがこぼれてしまうようなネタで打ち解けやすくなるように
  研修を進行してくれました。

Q.導入後の変化を教えてください。

A.アンケート集計で、『目からウロコ』『研修を受けて感激した!』という声が
  多数寄せられました。 実際に自分で体験することで気づかされたことが
  たくさんあったようです。

  また「ほかの女性にも受けて欲しい」、はたまた、「上司に受けさせたい!」
  という本音も中には含まれていました。

  最後は皆さんが爽やかな笑顔で会場を後にされていかれたのが印象的で、
  企画した私たちも大満足でした。

  今回、2回に分けて研修を開催しましたが、なんとリピート率が50%以上となり、
  当初の悩みも吹き飛ぶような嬉しい結果となりました。

 企画メンバーを募り、一からセミナーを作り上げていくという試みは、
  今回初めてだったのですが、御社のセミナーを利用したことにより、
  当研究会も弾みがつき、今後の女性セミナーの集客アップに
  つながっていきそうな予感です。

Q.講師の質について評価をお願いします。

A.参加者の心をグッとつかみ、長時間の研修も飽きがこなくて
  『あれ、もう終わり?』と感じさせる須子さんのトークは虜になりそうです。
  須子さんはお話させていただいているだけでも、
  こちらまで元気になってしまうパワーをお持ちだと思います。
  須子さんから教わる知識はぐっとポイントを絞ってあり、頭に残りやすいし、
  応用が利くので実践しやすいように思います。

Q.ベストセミナーの強みは何だと思いますか?

A.問い合わせから企画書のご提案までスピーディでした!
 研修の内容について、じっくりご相談にのっていただけることは
 女性ならではのきめ細やかな対応だと感じました。

 そして、参加者が自分の現状や仕事の現場に研修内容を置き換えて
 実践できるようにプログラム化されていることと、またそれにとらわれず、
 柔軟性を持ってその場に集まった参加者の反応に応じた対応を
 していただけることが強みではないでしょうか。

Q.今後、どんな女性社会を目指していきたいですか?

A.女性は「花」だと思います。誰でも、ずっとずっときれいに咲き続けたいですよね!
  もっとたくさんの女性がキラキラと輝いて、女性がもっともっと元気になれるよう
  微力ながらお手伝いしていきたいと考えております。

  職場の上司にも研修を受けた方からも、
  『研修を受けさせてよかった!』
  『研修を受けてよかった!』
  と思われるような研修を企画したいです!

Q.女性向け研修を検討している企業へメッセージをお願いします!

A.女性は、結婚・出産・育児・介護・・・など、いくつも壁にぶつかります。
  仕事も日々悩みながら頑張っています。
  疲れきっているとなかなか前向きになれませんが、
  研修を受けることで悩みを共有したり、視点を変えられるようになりますので、
  リフレッシュできますし、仕事もプライベートも頑張れるように思います。

  このような女性限定研修を定期的に開催することにより、
  モチベーションを維持していけるように思います。
 
  ベストセミナーの研修内容は、職種を選びませんし、
  年齢も問いません。数時間研修を受けただけでも、
  その成果は手に取るようにわかりますよ!

全国各地へお伺いします!
まずは、どんな小さなことでも結構です、お気軽にお問い合わせくださいませ!

当サービスは、ガイアモーレ株式会社によって運営されております(03-3556-2667)。
日経新聞、日経MJ、hanako、B-ing巻頭インタビューや各種ウェブメディア
で数多く掲載していただいております。メディア掲載履歴はこちらからご覧ください。